A:まずは何のために保険に入るのか確認してください。そしてその目的にはどのくらいの保障があれば万一時にお金に困らないか考えてください。そしてその目的にあった保険種類を選びます。

Q:死亡保障はどのくらいあれば良いですか。
A:万一時の支出(生活費、住居費、教育費、レジャー費、子供の結婚援助資金、葬儀費、その他)と収入(遺族基礎年金、遺族厚生(共済)年金、死亡退職金、預貯金、仕事をする場合はその収入、遺族本人の老齢年金、その他)を計算してください。そして収入-支出がマイナスの場合にはその額を目安に死亡保障額を検討して下さい。

Q:保険料を安くしたいのですが。
A:保険料を下げるのは簡単です。もらえる確率を落とせばいいことですので。ただし、それで本当にいいのか考えるべきです。 今ご加入中の保険が不適切であり保険料を多く払っているのならば間違いなく安く出来ます。

Q:来月保険料がUPしてしまうのですが、このまま更新していいでしょうか。
A:健康に問題がなければ、見直したほうが良いでしょう。きちんと目的にあった保険期間を設定し、内容などもきちんと検討したほうが良いでしょう。

Q:入院の保障が一生涯のものにしたいのですが、どの保険会社が良いでしょうか。
A:入院保障の保険にはいろいろな種類があります。どの内容を重視したいのか、またどのくらいの金額がほしいのかなど目的をはっきりさせないと保険会社は決まりません。

Q:老後の資金準備として個人年金保険を考えています。これで良いでしょうか。
A:個人年金保険は、利回り確定の商品です。景気がいい(金利が高い)ときには良い商品ですが、景気が悪い(金利が低い)ときにはインフレリスクがあるのでよくありません。

Q:教育資金の準備を考えているのですが、学資保険(こども保険)などはどこの保険会社が良いでしょうか。
A:教育費の準備を考えた場合、学資保険は確定利回りの商品なので景気がいい(金利が高い)ときには良い商品ですが、景気が悪い(金利が低い)ときにはインフレリスクがあり、悪い商品です。

Q:専業主婦ですが、保険に加入するとしたらどんなものが良いですか。
A:入院時の保障と葬儀費用の準備(死亡保険300万円ぐらい)でいいです。入院日額は、ご主人がどのくらいまでなら現金で払えるかによりますね。保障期間は両方とも一生涯のものがいいです。

Q:女性疾病特約をつけないと女性特有の病気になったときに保険はおりないのですか。
A:そんなことありません。基本になる医療保険は入院すれば事故でも病気でも治療目的であれば何でも支払われます。女性疾病特約は、女性特有の病気の場合に保障を厚くしたい場合につける保険です。

Q:独身のOLです。どんな保険に加入すると良いですか。
A:自分が入院したり、亡くなったときに親に迷惑がかからない程度の保険に加入すればいいでしょう。親は高額な保険は望んでいないはずです。死亡保険は葬儀費用の準備として300万円ぐらいが妥当でしょう。入院は5000円/日から10000円/日の間で自分の預金と相談して検討しましょう。もちろん両方とも保障期間は一生涯にすべきです。

Q:子供が生まれたので、保険の見直しをしたいのですが。
A:どのくらいの死亡保障金額が必要か万一時の支出と収入を計算して考えましょう。今の保険の内容が適性ならば、足らない分のみ付け加えればいいです。

Q:結婚したので保険をどうするか考えたいのですが。
A:夫婦で万一時の生活を考えてください。子供がいない場合でお互い働いているのならば、入院時の保障と葬儀費用ぐらいがあればいいでしょう。または家賃分を保険で賄いたい場合には掛け捨ての保険でカバーしましょう。入院時の保障と葬儀費用の準備は一生涯の保障で準備しましょう。

Q:葬儀費用の準備を保険でしたいのですが。。
A:一生涯の保障がいいです。保険種類としては変額保険(終身型)、終身保険、利率変動型終身保険があります。解約はしないのが前提ですので保険料の一番安いものがいいです。

Q:子供の保険は必要でしょうか。
A:子供が入院したときに、入院費などを現金で支払えるのならば基本的にはいらないのですが、保険に加入できない病気になる可能性もあるので、今から保障期間が一生涯の医療保険と葬儀費用の準備として保険期間が一生涯の死亡保険に加入するのもリスクヘッジになります。
<生命保険相談・住宅ローン相談・資産運用相談を行っている主なエリア>
茅場町、門前仲町、木場、東陽町、南砂町、西葛西、葛西、浦安、南行徳、行徳、妙典、原木中山、西船橋、下総中山、本八幡、市川、船橋、新浦安、舞浜、葛西臨海公園
Copyright (C) FPsolution, Inc. All Rights Reserved.